サッカーの上手い子は「見た目」からして上手い

サッカーの上手い子の、見た目とは?

立ち姿・歩き方・走り方が違う

サッカーとは「足」を多く使うスポーツです。

足が出やすく使いやすい「姿勢」が存在します。

立ち姿や歩き方、走り方が上手い子たちの特徴として共通部分が出てくることは当然です。
そして立ち方や歩き方、走り方は初心者でも意識していることで、作ることができます。
ボールコントロール以上に体のコントロールを意識することで
全体のレベルが一気に上がります。

リフティングなどもこの要領で上達することができます。

パンツのあげ方が違う

下手な子のパンツは上がりすぎていることが多いです。
へそ上あたりまで上げている子は、正しいサッカーの体の使い方ができていないと考えられます。
ちょっと前で言う
「えなりくんスタイル」

理想の位置は、骨盤の上の部分
俗にいう「腰パン」です。

お腹の筋肉はよじれますが
骨盤であればパンツがよじれることなく安定します。

上手い選手は自ずとこうした位置にパンツも履いています。
サイズが大きすぎる場合はのぞいて・・・

ドリブルのフォームが違う

歩き方や走り方が違えば
ドリブルのフォームも変わってきます。

下手な子は背筋が曲がり足も前に出ません。

本当に上に行く上手な子は「猫背」ではありません。
しっかりと足を前に出すために背中が伸びて胸を張っていることは必須です。
周りを見る。そして判断する。
と言う作業も含むからです。

まとめ

今回は上手な子の特徴を客観的に外見的に紹介してみました。
他にもちらほらとはあるのですが 、文章だけでは伝わりにくそうなので今回はあえて紹介しません。

それでも今回紹介した内容はすぐにでも真似できる部分だと思います。
ぜひご参考ください。

日本初のサッカー個人レッスン専門:サッカー家庭教師を運営

現場主義で15年以上個人レッスン専門で

なかなか上手くならなくて困っている子からセレクション対策まで

即効で結果が出る!を売りに活躍中

サッカー家庭教師公式サイトhttps://soccer-kateikyousi.com/

代表谷田部ブログhttps://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/

関連記事

  1. 本当に上手い子は「技術」よりも「メンタリティ」が違う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問合せはLINE@からも


友だち追加